前へ
次へ

使用されている単語が平易な教育業界

かつて私は教育業界に興味を持っていました。
大学時代には集中的に学んでいたのですが、色々な事情があって使用言語は英語でした。
日本語ではありません。
その際印象的だったのは、英単語のハードルです。
あの時には色々と教材も使用しましたが、どれもかなり平易な英単語で書かれていた記憶があります。
高校で覚えるような英単語ではなく、大部分は中学レベルの英単語で書かれていたのが、強く印象に残っています。
ある意味、それは教育業界の特徴の1つです。
他の業界では、かなりハイレベルな英単語が使われている事も多いですが、教育業界だけは極めて平易な単語になっていた事だけは、間違いありません。
ちなみに日本でも、同じような傾向はあります。
日本にも教育に関わる教材は多数ありますが、いずれも平易な表現になっている事が多いので、国を問わず同じような傾向があると推察されます。
教育の本質は、誰かに分かりやすくものを教える事ですが、それだけに単語も平易になっている訳です。

Page Top