前へ
次へ

社員教育は講義だけでは物足りない

社員教育をする時には主に講義を行う事が多いですが、講義だけでは物足りなさがあります。
講義の場合はたしかに知識は身に付きますが、それを仕事でうまく実行出来るかというのはまた別問題です。
いくら知識があっても、仕事で活かす事が出来ないパターンもあるので、出来れば講義だけでなくて、実技研修も社員教育に取り入れる必要があります。
実際の仕事を想定した実技研修を行う事によって、身に付けた知識をうまく仕事で活かす事が出来て、社員のスキルアップに役立ちます。
もちろん、一人一人が実技研修を行い、一人一人のスキルを向上させていく事が大事です。
実技研修をするためには、なるべく広いスペースが必要なので、大きなホールを借りて実技研修をしていくのがお薦めです。
また、実技研修を行う時には講師のレベルも重要です。
講師のレベルが低ければ質が高い実技研修を行う事が出来ないので、仕事のスキルが高い人を講師に指名する事が必要です。

Page Top