前へ
次へ

家庭でできる小学生の英語教育を考える

英語といえば中学から学ぶものとされてきましたが、一部の小学校では授業に取り入れていて、全国的にも本格的に始まってきます。
国際化がどんどん進んでいるので、英語が使えるかどうかは人生にも大きく影響するかもしれません。
親としてはできれば子供の英語が上達してほしいと考えるでしょう。
英語ができるようになるには生活に英語を取り入れるのが一番でしょう。
日常生活の中で英語で話す時間を設けたり、英語で遊んだりするようになれば知らないうちに英語になれることができます。
大事なのは親が飽きずに付き合えるかでしょう。
せっかく子供が興味を持っても、親が飽きて辞めればそれ以上伸ばせなくなります。
これは英語教室に行かせたり教材を使うときも同じです。
家庭で子供に英語の勉強をさせようとするなら親も一緒に勉強するくらいにならないといけません。
親が英語を学ぶのが楽しいと感じれれば、次第に子供も楽しいと感じるようになり英語に触れる時間を増やせます。
親自身も楽しめる教材などを使うと良いでしょう。

Page Top