前へ
次へ

学資保険を選ぶ際はいくつかのポイントを押さえておく

必ず押さえておきたいのが返戻率です。
払った保険料が将来どれくらいの満期金や祝い金となるのか測る水準となっています。
貯蓄型の学資保険であればおおよそ3~10%返戻率がプラスとなります。
学資保険にもタイプがあるので、何を補鎮するかもしっかりと考えたいポイントです。
貯蓄を重視する人は保障型に加入しても、付いていた保障内容が不要となり解約するケースがあります。
もしも子供を医療保険に加入させているなら保障型は必要ありません。
学資保険は貯蓄を目的としていますが、あくまで保険なので保障内容についても確認しましょう。
特に保障型は保障が充実している代わりに返戻率が低くなっています。
返戻率と保障内容のバランス、そもそも保障は必要なのかは必ず考慮しましょう。
現在は多くの保険会社から様々な学資保険があり、それぞれに特徴があります。
なので、どの学資保険も同じというわけではありません。
保険金や返戻率が高さだけを重視しても自分に合った学資保険は見つからないのです。
時には専門家とも相談して最適な学資保険を見つけましょう。

Page Top